専業主婦 即日融資

プロミスが保険廃止を発表

プロミスが、契約者本人が亡くなった時にプロミスが費用を負担し保険契約者及び受取人とし、借入人を被保険者とし、債務元本額を「消費者信用団体生命保険」に入ることによって契約者が亡くなった時に遺族が負担しなくては良いようにしていましたが、それを廃止しました。理由としては、賃金業者が保険金目当てに走り、必要以上のきつい取り立てを行い、借入人を自殺に追い込んでいるとの批判を受けたからです。これを重く見たプロミスが大手消費者金融の中で初めて廃止を決断したのです。
これは、遺族にとっては良かったのかどうかはわかりませんが、勇気ある決断だったのではないでしょうか。
それに伴い、次々に大手消費者金融がこの消費者信用団体生命保険の廃止を発表しました。
亡くなられた遺族の方には、その状況により十分に考慮し、法律の元対応していってくれるみたいですが、負担がかかってくるのが良いのかどうかというところは、考えさせられてしまいます。